禁煙してタバコから卒業しよう
禁煙を推奨する画像

身体をむしばむタバコの呪縛から卒業するために。

禁煙をすることによる害があるというのは嘘

タバコは百害あって一利なしとも言われますが、そのタバコをやめようとするとそれもまた害があると言われることもあります。
禁煙をすることによる害としては、ストレスが溜まるといったものであったり太るといったものがありますが、これは全て嘘ということになります。

ただし、全くの無根拠ということはありませんが少なくともタバコをやめない理由にはならない程度のものであり、禁煙をしたほうがはるかに利点が多いのはいうまでもないのです。
まず、禁煙をすることによって喫煙をするよりもストレスの害のほうが大きいというものですが、これは長年喫煙習慣がある高齢者などの場合、いきなりタバコをやめようとすれば大きなストレスがかかってきます。
高齢者の場合にはタバコをやめたからといって劇的に寿命が伸びるということもありませんし、喫煙による害というのも相対的に小さくなっている状態ですから、そのような状態であれば下手にタバコを吸ってストレスをためるよりは、タバコを吸ったほうがマシだという理論となります。
しかし、年齢が若い人であればタバコをやめる利点のほうが上回りますから、ストレスのほうが大きいというのは嘘になるのです。

太るというのも嘘とまでは言い切れなくても、本当ではありません。
タバコを吸う事によって食欲が抑えられたり、食べ物の味が美味しく感じられ無いということがあるのでその結果として太りにくくなるということはあっても、タバコを吸わない状態が自然なわけですから吸っている状態がおかしいわけで、やめたから太りやすい体質になるということはないのです。
痩せるためとはいっても、不健康に痩せるためにタバコを吸うのであればおかしな話ですから、やはり禁煙をする利点の方が大きいといえます。