禁煙してタバコから卒業しよう
禁煙を推奨する画像

身体をむしばむタバコの呪縛から卒業するために。

禁煙を難しくさせる心因性の症状と経口薬による対策

禁煙のハードルを高くしてしまう要因のひとつは心因性の症状が発生するからです。いわゆる離脱症状であり、禁煙時に眠気や集中力の低下を実感されている方も多いことでしょう。時にはこうした症状が強く出てしまうことがありますが、それと同時にタバコを吸いたい欲求も高まってしまう為につい吸ってしまって失敗に終わる例も多いのです。
しかしそうした症状を抑えることができれば禁煙に成功できる可能性が高くなりますので、いかにして離脱症状を抑制するかが成功の可否を左右すると言えるでしょう。
離脱症状を抑制する方法はいくつか挙げられますが、特に有効性があると言われるのが経口薬を用いるやり方です。経口薬は服用するだけで離脱症状を抑える働きがある為、手軽に禁煙対策として利用することができ、病院でも経口薬を処方して治療をすることが多いです。
経口薬の力としてはまず少量のドーパミンを放出させる作用があります。離脱症状が出てしまうそもそもの原因はドーパミンが分泌され難くなるからですが、これはニコチン切れが原因です。タバコから吸収したニコチンがニコチンレセプターというところと結合することによってドーパミンが分泌されますが、禁煙をするとそれがなくなってしまう為にドーパミンによる快楽効果がなくなってしまうのです。快楽がなくなることで離脱症状も起こり易くなりますが、経口薬にはドーパミンを出す働きがある為に離脱症状を軽減することができます。
経口薬を利用して禁煙に挑戦するイメージ画像タバコを吸ってもおいしさがなくなるのも効果のひとつです。ニコチンとニコチンレセプターが結合するとおいしさを感じることができるのですが、経口薬は結合を阻害しますので吸ったとしてもおいしく感じられません。その為、タバコへの欲求も抑制することができ、禁煙をし易くさせることができるのです。